比べる

Pocket

特にこどもの成長というのは、他とくらべて一喜一憂してしまいがち。

カミツレちゃんは、言葉が遅くて、二歳半くらいからやっと二語文が言えるようになった。

近所の子は1歳半くらいですでに普通にしゃべっていたので、親としては心配するのは当たり前。

じいじも一緒になって心配しているので、こういう時に「なぐさめ」に使っていたことがある。

お隣の子、といってももう成人している子なんだが、この子がやはり言葉が遅くて家族が心配していた。

幼児検診でも1歳半頃に単語の数が少ないと勧められるので、「言葉教室」にも通ったとか。

その子が大きくなって、東大法学部現役合格、なんだから、言葉の遅さなんて何も心配することない。

と、いうのが「なぐさめ」なのだ・・・(^_^;。

こどもの事は何でも他と比べがちだけど、その子その子の個性だと、焦らず騒がずゆっくり育っていけばいい。

って、今だから言えるけどね(^^ゞ。

フォローよろしくお願いします!

この記事を書いた人

虹子
虹子
0
Pocket

2 thoughts on “比べる

  1. アバター Asura より:

    日本人は「周りの子と同じように育て」文化。

    異国は「周りの子と違うことをして育て」文化。

    日本でこれをやると「変わり者、変な子」って言われるんですよね。

    圧倒的に異国のほうが語り継がれる「偉人」って多いですよね。

    周りと違うことをするから。

    私は周りの子と違うことをしてそだってほしいなぁ。。

    勇気が必要ですね。

    0
  2. 虹子 虹子 より:

    コメントありがとうございます(^^)。
    勇気と共に強さも必要かもしれませんね。

    とかく出る杭は打たれますからね。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください